固定電話の需要

固定電話の需要

かつては電話と言うと固定電話が普通だったものの、最近では携帯電話が普及していることから、一人1台電話を持っているといっても大げさでないほど、携帯電話を使う人が多くなっています。そんな中で、固定電話は最近ではどのくらい使われているのでしょうか?
便利さで言うと、固定電話よりも携帯電話の方が、外出先にも持ち運びをすることができることから、携帯電話の方が便利だと考える人もいるでしょう。しかし、例えばクレジットカードの契約など、書類に電話番号を記載する際には、携帯電話番号だけでなく、固定電話の電話番号が必要なこともあります。そんなことから、たとえ携帯電話の方が便利であっても、まだまだ固定電話の需要は落ちていないのです。

ただし、一人1台の携帯電話に比べると、固定電話は1家族に1台あれば充分であることから、使われている回線や台数を考えると携帯電話よりも少ないものとなっています。1家族で1台の固定電話を用意することで、書類に必要な電話番号は自宅の電話番号を利用し、その他仕事や友達との連絡には携帯電話を利用するという人が多くいるようです。

そんなことから、便利さでは携帯電話に負けてしまいそうな固定電話ですが、必要性を考えると、固定電話もまだまだ多くの人が使っているのです。

    Copyright(C) はじめてひく固定電話 All Rights Reserved.